PAGE TOP

ABOUT US

暖簾に痛印堂のが入った写真

文化の尊重
~respect cultural~

私たちは日本の伝統文化の守り人です。
ダイバーシティによって多様性が
認められる社会になるからこそ、
日本
のみならず世界に関わる、過去、
現代、未来のあらゆる
文化に敬意をはらい、
痛印堂はクリエイティブの側面から

長く愛される文化製品を生み出します。

男の背中と日本庭園の写真

CEO Message

「文化」は時代と共に新しいものが生まれ、
時代と共に消えゆくもの。
しかし、培ってきた痕跡は消えるべきではない。

彫刻最中の印面の写真

多様性が認められる現代社会。
「文化」そのものも、様々な種類、>様々な形が存在します。
永く受け継がれているもの、時代に合わせ深化をしたもの、
形には表れず、語り継がれるもの。
そのどれもが大切な文化であることは言うまでもありません。

いろんな種類の印材が並んだ写真

私たちは国内のみならず、世界に目を向けて、過去、現在、
そしてこれから生まれてくる未来の文化を尊重し、
ハンコを通して発信、伝えていくことが使命と考えています。
日本の文化発信の第一人者として、また世界の文化の守人として、
後世の伝えていく文化製品を築いて参ります。

クールジャパン・マッチングアワード
2019奨励賞

クールジャパン・マッチングアワード奨励賞の賞状とトロフィーの写真

「痛印」は日本の“ハンコ文化”と“漫画・アニメ文化”を
組み合わせた“文化製品”であり、
2012年のサービス開始以来、自動車やアニメなど、

様々なコンテンツとのコラボレーションを
実現してまいりました。
世界にない日本の印章文化とキャラクターを

組み合わせた「痛印」は世界中に話題が広がり、

実用品だけでなく芸術品としての価値を生みだし、

弊社以前に存在が殆どなかったイラスト判子の
お店も多数登場したことで、
日本の印章産業の
活性化にも繋がりました。
新しいジャンルの「痛印」という商品に

ご理解を賜りご協力頂いた連携先様に
感謝申し上げるとともに、
今回の受賞を励みとし、今後も「痛印」を通じて
世界の人々に日本文化や歴史を発信するべく、取り組んで参ります。