実用的な痛印の取り組み

絵が入っているとはいえ、痛印は印鑑であり、実用品のひとつです。
したがって、痛印も普通の印鑑と同じく、判を押す場面でなら実用品として使えるはず!
痛印堂ではそんなコンセプトをもとに、「実用的な痛印」を、一つの取り組みとして行って参ります。

このページでは、「実用的な痛印」の使用の結果と、その実績を紹介していきます。
※実績は埼玉県越谷市で確認したものになります。

「実用的な痛印」の定義?

痛印堂において「実用的な痛印」とは、以下の二つの条件を備えている痛印をさします。
1.持ち主の実名が彫刻されている。
2.大きく絵が入っている。

以下がサンプルになります。

役所での実印登録報告

名前 使用結果
市役所 一部自治体にて、実印登録できたというご報告をいただきました!

【報告いただいた自治体】
神奈川県秦野市、埼玉県越谷市、福島県双葉町、ほか複数の自治体にて

★神奈川県秦野市の例★
お客様よりご提供いただいた写真です。

※市役所によっては、条例で「図案入りの印鑑は登録できない」と定められております。
 上記の件を定めていない役所では、認められる可能性がございます。

銀行での痛印使用報告

銀行名 使用結果
三菱東京UFJ銀行口座開設での使用が認められました!
三井住友銀行口座開設での使用が認められました!
みずほ銀行口座開設での使用が認められました!
埼玉りそな銀行口座開設での使用が認められました!
ゆうちょ銀行口座開設での使用が認められました!(お客様から報告を頂きました)
イオン銀行口座開設での使用が認められました!(お客様から報告を頂きました)
浜松信用金庫口座開設での使用が認められました!(お客様から報告を頂きました)
池田泉州銀行口座開設での使用が認められました!(お客様から報告を頂きました)

宅配便での痛印使用報告

会社名 使用結果
郵便局受領印としての使用が認められました!(お客様から報告を頂きました)
クロネコヤマト受領印として使用が認められました!
佐川急便受領印として使用が認められました!

サポートインフォメーション

お支払い方法について

痛印堂では、NP後払い、クレジットカード、銀行振り込みなど、
お客様の環境に合わせた支払方法を各種揃えております。

クレジット決済について

NP後払い決済について


○このお支払方法の詳細
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で
後払いできる安心・簡単な決済方法です。請求書は、商品とは別に
郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願いします。
○ご注意
後払い手数料:205円
後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供する
NP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、
代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で54,000円(税込)迄です。
詳細はバナーをクリックしてご確認下さい。

銀行振り込みについて

銀行口座は住信SBIネット銀行 法人第一支店となります。
お客様の使用される口座によっては、支払いの際に手数利用が発生する可能性がございます。
銀行振り込みは、お客様のご入金が確定されてから、商品が発送されます。

FACEBOOK